本文へスキップ

船橋市日本拳法連盟・全日本格斗打撃空手道連盟

090-6655-5222
kempo@outlook.jp

「きずな」〜君が僕の力〜 渡邉哲也

平成29年6月17日快晴。
ついに、この日がやってまいりました。
当會の問を叩いてから2度目の大会。習志野駐屯地内での日本拳法千葉県錬成大会!!
まだまだ駆け出しの身ではありますが、前回に引き続き『何事も経験!』と、自らを奮い立たせ本大会へ参加させて頂きました。

会場到着後、気弱な私(?)は、あっさり雰囲気に飲み込まれ既に緊張がドピーク(汗)に達しながらもトーナメント表を確認。
私の参加部門内には当會から参加の猛者『Kさん』の名前を確認!
しかも、Kさんの対戦相手は欠場にて既にKさんは決勝進出が確定。
私が初戦を突破すれば、何と・・同門対決!!

日頃の稽古においても先生から『巌流島』と命名頂いている私とKさんの対戦なのですが、稽古以外にて対戦となると初の出来事なのです!

私としては、何としても会長、先生、そして會を支えてくれる仲間へ恩返しの意味でも『同門対決をみんなの前で実現する!!』と緊張と震えを抑えながら深呼吸を繰り返しました。

私の試合は午後からでしたが、午前には女子の部の試合があり、なんと当會から入会間もないTさんが堂々の出場。彼女の意気込みも試合にあらわれ見事、準優勝!!
勝敗の結果だけでなく、何より参加に踏み切った彼女の思いに敬服です!
さて、ここで午後の部に備え、一時のランチタイム。
私事ながら彼女さんがお弁当を作ってくれたので、皆さんにも食べて頂きながら、ちょっとした遠足気分(^^)
みんな喜んでくれたみたいで良かったー!ありがとう!
さぁ、いよいよ午後の部。私の初戦相手は以前、出稽古にてお相手頂きましたMさん。
身長も高く、手足のリーチも長い上、オーソドックスとサウスポーを使い分けるといったスタイル。
『やりずらい・・(汗)』

前回手合わせ頂いた時を振り返り『撃ち終わりのガードが甘くなる』点に的をしぼり、作戦としては自分の間合いは取りつつも撃たせる為にガードを甘くし引きつけ、撃ち終わりに狙いをしぼり『エィッ!!』
うん、これでいこう(^^;

いざ、試合が始まると頭が真っ白で作戦が項を得たかどうかは私自身もわかりませんが、何とか勝利をおさめる事ができました。

『勝てたー!』と余韻に浸る間もなく1分ほどのインターバルで次の対戦(汗)

同じ畳の向こうに立っているのはKさん!
いよいよ、念願の同門対決!
会長!先生!みんな!
見てますか!
リアル巌流島!

喜びの反面、当の私は・・
『ゼェ、ゼェ・・ハァ、ハァ・・』
体力をもっとつけないとダメですね(^^;

さぁ、審判の合図でいよいよ巌流島決戦が始りました!
お互いの動き、間合い。。
Kさんも感じたかどうかは分かりませんが
『この感覚・・何か知ってる・・』
そりゃそうですよね、いつもお相手頂いてるんですから(笑)

こういった感覚は覚えているのですが、試合中の出来事は全く覚えておらず(汗)
唯一覚えているのは、同門対決ゆえに、応援しにくかったろうに大きな声で私とKさん両者に向け精一杯の声援をくれた当會少年部の声援!
武道の精神をしっかり育んでいる君達に感謝です!

そんな中、お互い真剣勝負にて試合時間を終了。
勝敗がつかず、なんと延長戦へ!(驚)

延長戦の結果、Kさんが見事勝利をおさめました!!

負けたとはいえ、清々しく何とも充実感いっぱいの思いでした。

大会も終盤となり1日の締め括りは、先生と長年お付きあいのある有段者のT木さん。
会場内にピンとした空気が張り詰める中の試合運び。
初戦突破にて自衛隊有段者の方との決勝戦。見事、勝利をおさめ優勝を手にされました!
こういった試合を実際に目にすると、稽古への励みや勉強になります。

無事に1日も終わり、記念撮影。
応援に駆けつけてくれた方々含め會に携わる全員でパシャリ!
結果や自身の強さやだけでなく、この絆が一番グッとくる瞬間、出会いと支えにつくづく感謝の1日でした。


 

 
生徒の声へ戻る