本文へスキップ

家族全員が参加で月謝1000円! 見学・体験随時受付 090-6655-5222 

和を以て拳法となすcolumn

和を以て拳法となす

令和元年度6月9日(日) 船橋武道センターにて千葉県日本拳法選手権大会が行われました。選手として出場させていただきましたので体験記、失礼します!

せっかちな私は会場に早めに着いてしまったので武道場に入ってくる拳法家の方々をウォッチしていました(笑)

普段、街中で拳法家を見つけることは難しいのでなんだか嬉しくなってしまいました。



会場に着き、選手控え室に行くとそこには大学拳法部のピリピリした雰囲気が(^_^;) 受付で頂いたトーナメント表で対戦相手を確認すると隣にいた大学拳法部の方がお相手!アウェイな雰囲気の中、邪魔にならない様にそっ〜と防具を置いて控え室から逃げる様に出てきました(笑)

午前中は少年部の試合で、午後からが私達の番でした。
少年部の試合では、私の後輩・先輩が運営のサポートをしてくれました。どんなに練習して強くなっても運営をしてくれる方がいなければ、その力は発揮できません。本当に感謝ですm(_ _)m

昼食も食べ、あっという間に時間が経ちました。運営サポートが終わった皆と合流。緊張で口数が少なすぎる私気遣って話してくれた後輩のI君、試合アドバイスを下さったM先輩ありがとうございます!

はじめに当會の女性拳法家 Mさんの初戦がありました。見事な面突きが決まり、勝利 ‼︎ 流石です。改めておめでとうございます ‼︎

そんな中、私の出番が着々と迫ってきます。段の部に参加されるMさんに「緊張されてますか?」と伺うと「いや、全く。」 .....流石です。
普段の稽古から鬼の形相で乱撃をされているMさんですが、試合程度ではびくともしないようです(笑)とても優しい方ですので誤解のないようお願いしますm(_ _)m

私が出場したのは級の部の試合です。アメフトあがりのAさんも共に出場しました。私より先の試合で、組技あり、タックルありの迫力満点の試合をしておりました!

出場メンバーが多いため、緊張MAXの状態で長々待たされてしまいました。そして、名前が呼ばれました。相手は大学拳法部の初級で体格は互角!攻めていこう!!と意気込みましたが、胴突きをくらってしまい相手に一本。

悔しいと思いながら、二本目が始まりました。皆さんの温かい声援が聞こえる中、たった一声「吉岡ファイト!!」という大きな声が(^_^;) いつも優しい師範の声でした。これは何としてでも一本をとらなければ!!と体が反応し、面突きのカウンターで無事に一本取ることができました。
3本目が始まると、M先輩の「相手同格だ!組めるぞ!」との声が!! ワンツーのみの展開になっていたため、よし組もう!!と仕掛けました。やはり大学拳法部。体幹しっかりで中々倒れません。やっとの思いで倒し自分が上になれたのですがここで時間になってしまいました。延長戦です。しかし、バテバテな私は体力が持たず、相手の胴突きを食らってしまい相手の勝ちとなりました。

悔しいと思いながら皆さんのところに戻ると、先程はお見えにならなかった會員の方々が‼︎ お忙しい中応援に来てくださったのです!本当にありがとうございます!!

今回、恥ずかしながら結果は残せませんでしたがそれ以上に得れたものがあります。それが題名に繋がっているのですが、聖徳太子の十七条憲法にある「和を以て貴しとなす」から頂きました。和は協調・協力であります。今回の経験から和あってこそ拳法が成り立つと身にしみて感じました。応援、運営サポートして下さった皆様、本当にありがとうございました

実戦総合武道 至誠會事務局

〒274-0807
千葉県船橋市咲が丘3-15-25

★見学・体験のお問合せは
TEL 090-6655-5222